得意な英語をいかした保育士になろう

沖縄の海

インターナショナルスクール

就学前の子供たちの英語教育ときいて最初に思いつくのはインターナショナルスクールでしょうか。インターナショナルスクールと聞くと、小学生以上に思えるかもしれませんが、小学生未満の子供たちを対象としたプリスクールと呼ばれる機関があり、そこで保育士を募集していることがあります。このとき保育資格だけで勤めることができるのかと疑問に思う方もいるかもしれませんが、インターナショナルスクールは私立経営であることも多く、さまざまな教育方針でできています。だからこそ、保育の資格を持っていて英語ができるという能力があれば、あなたのそうした力をいかすことができる可能性が高いのです。

また、まだまだ未就学児の英語教育に関する事項は整備されていないことも多いため、今後発展していく分野ともいえるでしょう。幼いうちは脳が活発に動くために物覚えもよく、この期間にぜひバイリンガルにしたいと思う親も増えているようです。プリスクールであれば英語を学ぶというよりも、子供の環境を英語だらけにしてしまうというイメージがあり、自然と英語が身につくことも十分にあり得ます。そうした子供や親が増加すると、ますます英語ができる保育士の需要が増え、英語ができることによって働き口が増えるということがあるでしょう。

Copyright©2017 得意な英語をいかした保育士になろう All Rights Reserved.