得意な英語をいかした保育士になろう

沖縄の海

英語スキルのレベル

では英語を教えたいと思っている保育士たちは、どれくらいのレベルの英語を求められるのでしょうか。その基準は保育所によりさまざまなので一概にはいえませんが、もし英語をきちんと教える場やインターナショナルスクールでしっかり英語に触れるという場合であればそれなりの英語力が求められるでしょう。英検やTOEICでしかるべき点数を取っておくことが大切になります。

しかしながらもしもすでに英語の先生がいる場合や、少しお手伝いをするくらいのレベルであれば、さほど英語力が求められない可能性もあります。保育士の資格を持っていることが大切ですから、英語に携わる仕事がしたいけれど、英語を話すのに自信がないという人でも、採用条件によっては働けるはず。

また、注意しておきたいのが、保育所で英語を使うわけですから、中学生や高校生のように文法などの難しいことを教える場ではないということ。たとえば歌ったり遊んだり踊ったり、レクリエーションの間で英語を学ぶことが目的となることが多いです。だからこそ、英語力というよりも、英語を楽しむ力、英語を怖がらない力などが大切になります。英語を使って園児たちとコミュニケーションを取りたいと考えているのであれば、ぜひそのことを忘れないようにしてください。

Copyright©2017 得意な英語をいかした保育士になろう All Rights Reserved.